建材・住宅設備

フットワークの良さが自慢です

当社では、工務店様向けに、各種建材・既製建具を納材しております。
お問い合わせ頂ければ、迅速にお見積もりさせていただき、そしてご用命の際は、我妻建材工業ならではのフットワークの良さで、商品を確実にそして素早く、お客様のご注文に合わせてお届けいたします。

※一部の地域においては異なる場合がございますので詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。

工法支援

我妻建材では、以下の各種工法を支援しております。

構造体:ウィンウッド

ウィンウッド

従来、木造住宅の構造体は経験を積んだ職人大工が1本1本の柱や梁を目利きしながら接合部をノミを使い、加工し、現地で組み立てを行っていました。この「刻み」という加工工程は、30坪の住宅で10~14日、その精度においても加工する大工の技量に依存するものでした。
ウィンウッドは、安定した品質・強度を保つために、

1.材料精度の高い集成材や金物の使用
2.一定の品質を確保するプレカット加工
3.施工においては指定の金物をピンで結合するだけ

といった方法を取り、良質な住宅を供給する進化した木造住宅なのです。

詳しくはこちらをご覧下さい。

ウィンウッドに関するお見積もり・納材のご依頼はこちらまで。

お問い合わせはこちら

構造体:パワービルド

精度の高い構造を作る
パワービルドパワービルド工法の最大のメリットは、誰でも均一かつ精度の高い構造体を作れることです。
従来の木造住宅は熟練の加工技術が必要でしたが、接合部に金物を使うことで、複雑な加工をなくしながらも、精度の高い安心の構造体を実現しました。
地震に強い構造
在来工法の弱点ともいわれる、構造材との接合部。将来に渡ってしっかりとした構造体を作るために材と材との接合は金物を使用、また緩みがちなボルトは使わない、ピンと金物の接合にこだわりました。
施工の合理化
パワービルド工法では予め金物の取り付け加工がされています。施工もしやすく、金物を取り付けてピンで固定、という単純な作業で安心の構造体を作ることができます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

パワービルドに関するお見積もり・納材のご依頼はこちらまで。

お問い合わせはこちら

通気断熱WB工法

進化した在来工法
WBとは「ウッドビルド」の略、つまり、木で家を建てる、日本の家屋建築方法・木造在来工法の伝統を引き継ぎ、更に現在の最新技術によってより進化させたものが「通気断熱WB工法」です。
人と共に呼吸する家
WB透湿高気密と従来窒息高気密の比較
通気断熱WB工法 通気断熱WB工法 木造在来工法による日本家屋の優れた点は、木材が本来持つ「呼吸する力」を有効に活用している点にあります。
湿気が多い時には余分な湿気を吸い、完走しているときには逆に湿気を出して過剰な乾燥を防ぐ、それが木材の優れた点です。
これを高気密性をもって阻害してしまい、いたずらに家を傷めてしまっている例が多く見受けられます。例えば、いくら優れた木材でも、ビニールでまるごとくるんでしまっては、呼吸が出来ず、湿気がこもり、木材はあっという間に腐ってしまいます。
通気断熱WB工法は、木材の呼吸を阻害しないように充分な通気性を確保し、そこに住まう住人同様に家そのものが呼吸ができるようにした、家に優しい、住む人に優しい工法です。

詳しくはこちらをご覧下さい。

通気断熱WB工法に関するお見積もり・納材のご依頼はこちらまで。

お問い合わせはこちら

「塗る断熱材」GAINA

「塗る断熱材」GAINA

GAINAは、塗料を超えた塗料です。
GAINAとは、宇宙開発で培われた最先端の技術を取り入れて誕生した、特殊セラミックを塗料化することに成功した機能性環境改善塗材です。GAINAを塗るだけで住まいの断熱を可能にしたのをはじめ、遮熱・結露の防止・防音・防汚など、15に及ぶ機能を発揮します。

詳しくはこちらをご覧下さい。

通気断熱WB工法に関するお見積もり・納材のご依頼はこちらまで。

お問い合わせはこちら

一般家庭向け

愛犬家住宅

愛犬家住宅

家とは本来、人間住むためだけに設計されるもの。
それを、ほんの少しだけ動物たちの目線から考えてあげるだけで、お互いにとって驚くほど快適なものになります。

「住空間を共有する大切なパートナー・家族だから、妥協はしたくない」

愛犬家住宅

そうお考えなら、是非当社にご相談下さい。
これまでのノウハウから、愛犬家・愛猫家の皆様にとっての「あったら嬉しい」をご提案させて頂きます。

PAGE TOP