庖 丁

  休憩で立ち寄ったある道の駅で、おばちゃんが建物の端でなんか売ってんなぁと思いながら近づいてみると、庖丁売りでした。
話を聞いていると燕三条から来てるって・・・・ホントかなって疑いましたが、本当に刃物のまち燕三条の人でした。(身分証を見せてくれました。)
疑った自分が恥ずかしく、穴があったら半分だけ入りたい! (全部は出られなくなるから)(笑)
銀次郎と銘が刻まれてあり、刃長170㍉全長280㍉手打ち柳出刃庖丁で見た目も良く持ってみると重さもあり、軟鉄と鋼を接合し手打ちで造られた和庖丁に違いないかと思い、お詫びと前々から良い庖丁が欲しかったのもあり即買いしました。
最も欲しいのは、ダマスカス鋼のミルフィーユ庖丁です。(一生使えるらしい物だそうです。)使った事がないので情報だけです。
今度は、オーダーしようと決めているので、そろそろおばちゃんとあった時期なので、また来ないかなって・・待ち遠しい感じです。 
配送 近野でした。

前の記事

庭のバラ🌹New!!